終活行政書士 合原千尋の絵日記@鹿児島市

~清く 正しく おもしろく~

終活

鹿児島終活フェスタ2018@山形屋ベルク広場~午前中の模様~

鹿児島終活フェスタ2018 2018年10月20日(土)10時から17時まで、天文館にある山形屋ベルク広場で”鹿児島終活フェスタ2018”が開催されました。 400人以上の方がご来場下さったそうです。私は11時からの講演に備えて30分前までに行けばよかったのですが、こんな…

天文館へお越しの際は、鹿児島終活フェスタ2018へ。

いよいよ本日開催、終活フェスタ 本日2018年10月20日(土)10時から17時まで、天文館にある山形屋ベルク広場で”鹿児島終活フェスタ2018”が開催されます。(山形屋ではイタリア展開催中。←ピッツァとパスタが美味しそう。) 詳細は先日のブログに書いておりますの…

10月20日(日)は鹿児島終活フェスタ2018へ

鹿児島終活フェスタ2018 鹿児島の天文館で、終活フェスタが開催されます。日時:2018年10月20日(土)10時~17時会場:山形屋ベルク広場(鹿児島市中町10-5)主催:鹿児島終活フェスタ2018実行委員会後援:鹿児島市、社会福祉法人鹿児島市社会福祉協議会、MBC、K…

軽やかに小さなことから取り組んでほしい”生前整理”

生前整理? 生前とは、故人が生きていたとき、死ぬ前(往生の前)。終活の講演を依頼された際に便宜上”生前整理”ということばを使用することがありますが、個人的には好きではありません。それを口に出したことはないはずですが、講演依頼でいただいたタイトル…

敬老会で”生前整理”のお話と楽しい昼食を。

敬老会で講演 今日は、某町内会の敬老会にて”生前整理”のお話をさせていただきました。昨年は台風の為中止になってしまいましたが、今年は汗ばむ陽気の中での開催でした。敬老の方より小学生の方が多かったので(1:2ほどの比率)、いわゆる”生前整理”の話とい…

第2回縁起でもない話をしよう会「最期をどこで生きるか」@鹿児島市和田

縁起でもない話をしよう会 医療や介護・死の問題など、「縁起でもない話」として避けられがちな話題だけれども、本当は語り合うことが大切な話。それらに関するネタを話題提供者に話してもらい、その後に参加者同士で対話する場が「縁起でもない話をしよう会…

最期をどこでどう生きたいか~うちの両親の場合~

いよいよ今日は縁起でもない話をしよう会 今日2018年9月11日(火)19時から21時まで、妙行寺(鹿児島市和田1-4-1)の門徒会館にて”縁起でもない話をしよう会”が開催されます。きいれ浜田クリニックの浜田先生が話題提供者として、”最期をどこで生きるか、どう生…

映画を観る習慣はないけれど、『ゆずの葉ゆれて』を観てきた。

映画を観る習慣はない つい最近、北九州で『劇場版コード・ブルー』を観ましたが、基本的に映画を観る習慣がありません。このときも「あなた映画観るの好きじゃないの知ってるけど、僕は一緒に観たいんだ。」と言われたから。昨年は『僕がジョンと呼ばれるま…

縁起でもない話を、気軽に当たり前のように話せたら。

縁起でもない話をしよう。 お盆に帰省した折に、お墓・葬儀・介護等、終活についてご家族やご親族と話す機会があった方も多いのではないでしょうか。普段は「縁起でもない話」として避けがちな話題ですが、避けては通れない大切な話です。でも、家族で話し合…

講演会「生きること、死ぬること」を終えて&9月のお知らせ

講演会「生きること、死ぬること」 NPO法人生き生きサポートシルバーエイジの7月の定例会は、大雄山南泉院住職 宮下亮善氏による講演会『生きること、死ぬること~臨終の現場から人生を語る~』でした。 ↑宮下亮善ご住職についてはこちらの記事をご覧くださ…

縁起でもない話をしよう会の表に出さなくていい話

縁起でもない話をしよう会の表に出さなくていい話 18時頃から準備を始めると聞いて、18時頃に妙行寺の門徒会館に行くと既に数名。実行委員は誰なのか、いやそもそも誰が主催者なのかすら謎な「縁起でもない話をしよう会」。 板書は進行役のひさみさんが既に…

第1回縁起でもない話をしよう会「死を目前にゆらぐ心」@鹿児島市和田

縁起でもない話をしよう会 医療や介護・死の問題など、「縁起でもない話」として避けられがちな話題だけれども、本当は語り合うことが大切な話。それらに関するネタを話題提供者に話してもらい、その後に参加者同士で対話する場が「縁起でもない話をしよう会…

選択と決定を自分でしていたら、納得する。

学びと振り返り ・個性や能力は、性別にかかわりなくある。・討論ではなく、対話を。(Iメッセージで意見の背景を率直に伝える。言いにくいことほど効果アリ。)・選択と決定を自分でしていたら、納得する。鹿児島県の男女共同参画基礎講座第3回【「私」を振り…

7月11日(水)は縁起でもない話をしてみましょ♪

昨日、妙行寺にて「終活のことを楽しく学んでみよう会」があり、ファイナンシャルプランナーのSさんと司法書士のFさんと一緒ににお話をさせていただきました。 ”終活”と聞くと、「縁起でもない!」と思われる方がまだまだ多いです。縁起でもないとまでは思わ…

お寺で終活!年賀状等で交友関係を振り返る。

終活のことを楽しく学んでみよう会 2018年6月16日(土)妙行寺で開催された「終活のことを楽しく学んでみよう会」でお話したことを中心に書きます。 終活で大切なこと ”終活”が注目される理由の一つに、超高齢社会(全人口に占める65歳以上の高齢者の割合が21%…

BOUZU縁日の探検レポ(写真を撮ったものだけ)

BOUZU縁日って何? 鹿児島市和田にある妙行寺さんと鹿児島市谷山中央にある悠善社さんがタッグを組んで開催した相談や体験ができるイベントがBOUZU縁日です。 会場は、妙行寺、ゆうづき、悠善社の3か所。各会場を巡ってスタンプを3つ集めるとプレゼントがも…

5月19日(土)は谷山のBouzu縁日に行ってみよう!

地域の縁を深める日 鹿児島市、特に和田や谷山付近にお住まいの皆さん!5月19日(土)は”Bouzu縁日”がありますよ。 駐車場にはからあげやケーキ、コーヒーのフードトラックや出店があり、更にスタンプラリーでお野菜がもらえるらしい。 ”数珠作り体験”や”エン…

マルヤガーデンズで開催中「春の終活フェア」@鹿児島市呉服町

春の終活フェア 6月のような陽気のもと、有限会社縁さんの春の終活フェアが始まりました。2018年4月22日(日)18時まで開催中です。場所:マルヤガーデンズ7階 garden7 (鹿児島市呉服町6-5)日時:2018年4月21日(土)・22日(日)10:00~18:00 お手元供養 お手元供…

認知症サポーター養成講座(オレンジリングがかわいくなってた!)

認知症サポーター養成講座 「2060年には、4人に1人が認知症」と言われています。NPO法人 生き生きサポートシルバーエイジの4月の定例会は”認知症サポーター養成講座”でした。この講座は、認知症になっても安心して暮らせるまちづくりを目指して、鹿児島市が…

『untan(アンタン)』vol.3に終活のススメ

鹿児島のくらしを彩る大人の情報誌 斯文堂株式会社の発行している『月刊TJカゴシマ』の臨時増刊、鹿児島のくらしを彩る大人の情報誌『untan(アンタン)』vol.3の”終活のススメ”のページを監修させていただきました。 (だいぶ前に見本を送っていただいていた…

平均寿命ではなく健康寿命を!

2016年時点での健康寿命 男性72.14歳。女性74.79歳。2016年時点での平均寿命と健康寿命との差は、男性8.84年、女性12.35年。(2018年3月9日厚生労働省発表)健康寿命とは、健康上の理由で日常生活が制限されることなく過ごせる生存期間です。平均寿命と健康寿…

終活の話を聴いて下さった方の笑顔を見て、うれしい!

高齢者教室で終活の話 終活とは、「人生の終焉を考えることを通じて、今をよりよく自分らしく生きる活動」です。(一般社団法人終活カウンセラー協会の定義)数年前に比べ、「終活」ということばは世の中に広まってきたように感じます。お話させていただいた日…

お寺で終活!

終活のことを楽しく学んでみよう会 妙行寺(鹿児島市和田1-4-1)にて開催された「終活のことを楽しく学んでみよう会」。門徒さんを中心に40名以上のみなさまがご参加くださいました。初回(2回目以降もあると信じて)の今回は、『これはやっておきたい!終活チェ…

「終活って生きていくことなんだよなぁ。」と腹の底から思う。

バラバラに座る家族(^-^; 父の診察の付き添いにいつもの病院へ。 最初は母に「ちょっとこっちに来て」と言われ母の横に座って、母の話を聞いていましたが、母娘はなかなか気が合わないためきつくなったので場所を移動(苦笑)。 父の望み 「3月になったら、(私…

いつも診てもらっているから「かかりつけ医」。ではない。

NPO法人生き生きサポートシルバーエイジの3月の定例会にて「かかりつけ医」の話になりました。私は幼い頃から喘息を患っているので、定期的に病院に通っています。いつも診察して下さっているお医者さんがかかりつけ医だと思っていましたが、思っているだ…

鹿児島県は全国1位!空き家問題は身近な問題です。

最近「空き家問題」とよく耳にしますね。問題になる前に手を打てることは手をうちましょう! 自分の周りの空き家予備軍をチェック 今、自分が住んでいる家はこれからどうしますか? 今、親が住んでいる家はどうしますか? 相続を考えると、自分で考えるだけ…

70歳になる前に考えたい「運転免許証」をどうするか?

うちの母は67歳、父は誕生日がきたら70歳。70歳になる前に考えたいこと、それは「運転免許証」をどうするか?鹿児島は車社会なので悩みどころですが、支援制度があるので紹介します。 高齢者運転免許自主返納支援制度 運転免許を返納し、運転経歴証明書を持…

いつ何があるってわかることばかりではないわけで。

2月11日(土)は「鹿児島の専門家によるなんでも相談」がありました。10時からの打合せ直前のこと。スマホに母からの着信がありました(短時間で2回)。(短時間で2回)は”何かあった場合の着信”(-_-;)かけ直すと「お父さんが深夜2時頃からいなくなっていて、まだ…

「ドライブレコーダー」のレンタル制度in鹿児島

鹿児島県内では昨年8月12日から、高齢ドライバーへの「ドライブレコーダー」レンタル制度が始まっています。利用された方いらっしゃいますか?鹿児島県内の警察署で受け付けているそうなので、自分の運転に不安がある方、家族の運転に不安を感じている方は相…

2017年のキーワードBEST10入り「死後離婚」

サンデー毎日の1月22日号に、2017年のキーワードBEST10の特集があり、そこに「死後離婚」が入っています。ご遺体に向かって、「あなた、もう離婚よ!!!」ってするのが「死後離婚」。 なわけない(笑)正確には「死後離婚」なんていう衝撃的なネーミングでは…