終活行政書士 合原千尋の絵日記@鹿児島市

~清く 正しく おもしろく~

30代にとってのエンディングノートとは

30代にとってのエンディングノート

自分にとって、「人生の終焉」はまだまだ先。
結婚、出産、育児、仕事…自分の日々のことで精一杯。あっという間に時間が過ぎてしまう。そんな30代。

自由に使える時間に限りがあるからこそ、自分の基本的な方針・目的があれば、悩み過ぎずに時間をかけずに決断できます。

もちろん、人生そんなに簡単ではありません。
目の前のイロイロなことで振り回されます。悩まされます。放っておくと「~される」に追われます。

事実は事実として、「では、私はどうするか?」そういう考え方ができるといいです。小さな目標を立てて、1つ1つクリアしていく。

  • ○時までに洗濯物を済ませる。
  • 今日の午前中に、両親に電話をする。

そんな小さなことでいい。達成できると、ワクワクします。自分に自信がついてきます。

心の余裕ができて、自分だけではなく自分の周りの大切な人たちに思いを馳せる時間がもてます。自分の知らないいろんなことに好奇心が持てます。動けます。

小さな達成感と自分を認めること。そして取捨選択。判断基準は自分。

幼い頃、自分が思い描いていた自分と今の自分。どこが違うかな?

自分自身の振り返りと、これからの人生の方針・目的等を明確にするために使えるエンディングノート

 

◆合原行政書士事務所のページ
 https://igohara.jimdo.com/

Facebook(お友達申請、フォローはお気軽に)
 https://www.facebook.com/chihiro22gohara