終活行政書士 合原千尋の絵日記@鹿児島市

~清く 正しく おもしろく~

自閉症スペクトラムの方とともに働くには

ASD(Autism Spectrum Disorder)

自閉症スペクトラム障害
発達障害の分類の1つで、社会性やコミュニケーションに困難を抱える障がい。

少し前は、自閉症アスペルガー症候群などと別々の障害とされていたものを1つの連続した症状としてまとめたものがASDです。

鹿児島

ASDの方と接していて思うのが、ものすっごい個性がある人だなと。

個性が強すぎて、社会生活が難しくなっている方がいらっしゃいますが、その個性をいかして活躍されていらっしゃる方もいます。脳の特性なんだよね。


ASDの方自身としては、

  1. 自分のことを、ある程度わかっていること。
  2. 周りの人に相談できること。

この2つができると、だいぶ働きやすくなると思います!(これって障がいにかかわらず皆ではないような)

もちろん、ともに働く周囲の人の理解が必要です。


ともに働く人としては、ASDの方は、打たれ弱いところがあるので、口調にも気をつけないといけません。しかし、仕事だからこそ伝えなければならないことも。

考えて、気をつけて、声をかけて、落ち込まれると、へこむわ。あぁ修行不足~o(TωT ) 


落ち着いて仕事に取り組める環境を整える。自分自身がおろおろしないように平静を保つ。未経験のこと、急な予定の変更にものすごく不安を感じられるので、手順を示しながら経験を積んでいただく。

今私ができるのはこれくらい。もっとできることないかな~と毎回、試行錯誤。


精神障がい者の就労関係のことに週に数回だけ関わり始めて4か月。現在、私が感じていることでした。

 

◆合原行政書士事務所のページ
 https://igohara.jimdo.com/

Facebook(お友達申請、フォローはお気軽に)
 https://www.facebook.com/chihiro22gohara