終活行政書士 合原千尋の絵日記@鹿児島市

~清く 正しく おもしろく~

2017年門司港の写真。私は記録のために撮る。

門司港で撮影会

お盆に夫の実家のある北九州市に帰省した際に、撮影会をしました。

の続き。

写真はある風景を自分のフィルターで切り取る。絵はある風景を自分の中に取り込んで吐き出す。そんな違いがあると思います。(どちらも素人)

撮影会で写真を撮ったり、他の方が撮影した写真を見たりして、自分は写真は「記録のために撮る」という意識が強いのだと思いました。

門司港

どっしりと構えてらっしゃいますが、前から見るとレディな方々。

 

門司港

門司港から巌流島まで渡る船

入院中の父のアルバムには巌流島の写真がありました。(アルバムは私が作成しましたが、父母と弟の旅行写真)この写真を父に見せたら、「巌流島に行ったよー」と自分のアルバムを開いて見せてくれました。

・・・入院中、暇すぎてアルバムを何度も見返しているので、どのアルバムのどのあたりにどんな写真があるのか頭に入っているらしい。反復練習(?)って大事ですな。

 

門司港

パイロットの乗る船?

パイロット=水先人は、船長の助言者で、日本の港湾や海峡、地形や水路が複雑で操縦が難しい水域で、それらの環境に精通していない船長を支援します。

この船はパイロットが乗る船なのかな。

門司港

左奥に見える関門橋

全長1068mの吊り橋です。
 

門司港

船と言えばスケッチ大会。
出身小学・中学校校区には谷山港があり、スケッチ大会で船を書いたなぁ。

 

門司港

同じ港でも、地元と旅行先では受ける印象が違います。
写真に撮ると後から見返して、そのときのことを思い出せるから好き。

 

門司港

木陰で紙芝居

椅子に座ると水あめをもらえるけれど100円。 

門司港

レトロハイマート

黒川紀章氏が設計した高層マンションで、31階には展望室があります。高いところは苦手なので、上がらず。 

門司港

くしくも関門海峡花火大会の日でしたので、出店が並んでいました。真昼間はこの程度の人出。時間が経つにつれてどんどん人が増えていきました。
 
小倉駅付近に車を停めて、JRで門司港駅に来る人が多いようでした。
(門司港駅付近は駐車場がそう多くありません)

門司港

明治屋レリーフ

曾禰達蔵氏が設計した輸入食材販売店「明治屋門司支店」のレリーフで、明治屋のマークである三つ鱗と、Mの字に花綱模様を組み合わせた装飾石。

現在は鎮西橋公園に展示してあります。

 

写真について

気の赴くままに写真を撮るのが好き。
自分は記録のために撮るけれど(見たまま綺麗に撮れたらうれしい)、カメラの機能とスキルを駆使して芸術的表現に至っている写真を見るのも心が洗われて好きです。疲れたらインスタグラムを眺めて癒されています。


これからも(しばらくの間は)コンデジで、いろんな写真を撮っていきます!さて、今日はお城とお庭とうどんを撮るぞ!

いってきまーす(笑)

にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 鹿児島(市)情報へ
にほんブログ村


鹿児島市ランキング
Facebook(お友達申請、フォローはお気軽に)
 https://www.facebook.com/chihiro22gohara
Instagram(フォローはご自由に)
 https://www.instagram.com/goharachihiro
◆合原行政書士事務所のページ
 https://igohara.jimdo.com/