終活行政書士 合原千尋の絵日記@鹿児島市

~清く 正しく おもしろく~

宗像大社の辺津宮(総社)にお参り@福岡県宗像市

古事記』、『日本書紀』の日本神話にも登場する宗像大社は、”沖津宮”、”中津宮”、”辺津宮”の三宮を総称したものです。

宗像大社

2017年7月にポーランドクラクフで開催されたユネスコ世界遺産委員会で、宗像大社を構成する三宮を中心に、その祭祀を担った宗像一族の古墳群が「神宿る島」宗像・沖ノ島と関連遺産群として世界文化遺産に登録されました。
 

宗像大社

田心姫神(たごりひめのかみ)が祀られている”沖津宮(おきつぐう)”は女人禁制の神の島、湍津姫神(たぎつひめのかみ)が祀られている”中津宮(なかつぐう)”は福岡最大の島である大島に鎮座している為、今回は市杵島姫神(いちきしまひめのかみ)が祀られている”辺津宮(へつぐう)”のみ訪問。
 

宗像大社

さぁ行ってみましょう。
 

宗像大社

太鼓橋を渡ります。
 

宗像大社

心字池では、鯉の餌を100円で購入できます。
この池を渡ることにより、心を清めるそうです。
 

宗像大社

禊舎。
 

宗像大社

手水舎。
 

宗像大社

こちらの拝殿で拝みます。
 

宗像大社

辺津宮は「第一宮」と呼ばれ、全国約6200社の宗像神を祀る神社の総本宮です。

こちらのの本殿と拝殿は1557年の焼失により再建したもので、国の重要文化財に指定されています。 
本殿:五間社両流造 柿葺
拝殿:切妻造妻入 柿葺

宗像大社

本殿から右手に進むと、高宮祭場、第二宮・第三宮に進む道があります。
 

宗像大社

暑い日でしたが、こちらは涼しくて気持ちの良い道でした。
 

宗像大社

御神木”相生の樫”。

二本の幹から伸びた枝が仲睦まじく交差し合った連理の樹木は太古より男女の絆を深め恋愛が実り末永く夫婦円満の福徳が有ると言い伝へられています

 

宗像大社

第二宮に田心姫神(沖津宮)、第三宮に湍津姫神(中津宮)の分霊をお祀りし、宗像三宮を産廃できるようになっています。

宗像大社

第二宮。
 

宗像大社

第三宮。
第二宮と第三宮は、わが国最古の建築様式である「唯一神明造り」で移築されたとのこと。
 

宗像大社

御神木”楢の木”。
 

宗像大社

枝ぶりが立派。
 

宗像大社

この御神木の樹齢は約550年。
 

宗像大社

今回は行きませんでしたが、約8万点の国宝を収蔵展示している”神宝館”もあります。
 

宗像大社

おみくじを引いたら”大吉”でした!

幸運の扉は今将に開かれようとしています 大上運です 誠実にして犠牲的な精神を持って尽力しましょう 至誠の心こそ世の至福をもたらします 真心こめて神様に祈り倖せを受けましょう 

ですって。

ゆっくり時間がとれるときに、大島にある中津宮にも詣でてみたいです。

宗像大社

宗像大社

福岡県宗像市田島2331
宗像大社 公式ホームページ | トップページ

にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 鹿児島(市)情報へ
にほんブログ村


鹿児島市ランキング
Instagram(フォローはご自由に)
 https://www.instagram.com/goharachihiro
◆合原行政書士事務所のページ
 https://igohara.jimdo.com/