読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

終活行政書士 合原千尋の絵日記@鹿児島市

~清く 正しく おもしろく~

N〇Kの人に腹が立った話

今の時期、大学に進学する方は、部屋探しや家具探しで忙しいでしょうね。あちこちで渋滞しています。

1998年の思い出

私も入学手続きの為に福岡に行きました。父と二人「特急つばめ」で。新幹線ではないところが、時代を感じます(ノ_-。)

手続きついでに、部屋探し。
「大学生は親に仕送りをしてもらうのだから贅沢をしてはいけない!」と自分で選んだのが、2万8千円のアパート。

父に、「もう少しいいところがいいんじゃないのか。」と言われましたが、そこでお手続き。

数週間後に後悔しました。
女子ほぼ全員、オートロックのマンションΣ(・ω・ノ)ノ!

ずっと実家暮らしで、「家のカギは玄関の横の雨靴の中に入れてあるから!」という家の育ち。オートロックなんて必要ないと思っていました。

最初に買ってもらったのは、オーブンレンジ、冷蔵庫、洗濯機、掃除機、こたつ、ふとんくらい。テレビは買ってもらいませんでした。

「自分でバイトして買うからいらない。」って。今なら、甘えるのになぁ。我が家は、今もテレビはないです。お母さ~ん!!!


熊本弁や博多弁を聞いて、「この娘たちはかわいいのに、何で怖い話し方するの!?」とびくびくしたり、「都会は違うな。怖い。」と思い、半年以上一人で天神に行けなかったり、お相撲さんが自転車の二人乗りをしているのを見かけて驚いたり。

新しい環境に飛び込むと、色々な発見や驚きがあると同時に、いろいろなことが再認識できますね。

大学生の頃の腹が立った話

なんで、こんな思い出話を書いたのかって?

大学生のとき、N〇Kの受信料の集金の人が来て、
N「受信料を支払って下さい。義務です。」
私「テレビないんですけど、払うのですか?」
N「今どき、TVのない家なんかありませんよ。ふざけてるんですか!」
と言われたのを思い出しただけ~(-з-)

「ことば」には気をつけましょう♪

 

◆合原行政書士事務所のページ
 https://igohara.jimdo.com/

Facebook(お友達申請、フォローはお気軽に)
 https://www.facebook.com/chihiro22gohara