終活行政書士 合原千尋の絵日記@鹿児島市

~清く 正しく おもしろく~

5年ぶりの雄川の滝(おがわのたき)@鹿児島県南大隅町

2013年8月の雄川の滝

西郷どん”のオープニング映像で注目されている”雄川の滝(おがわのたき)”。
大隅南部県立自然公園に指定されていましたが、2018年8月に下流の渓谷を含む約95ヘクタールが霧島錦江湾国立公園に編入しました。

観光客が以前の2倍以上に増えているそうで、秋の行楽シーズンのお出かけにもおすすめです。

雄川の滝

2015年8月に行ったときの写真。
1.2kmの遊歩道を汗だくになりながら30分ほど歩くと、滝壺に到着します。晴れの日が続いた後は、滝の水量が減るので、雨が続いた後の晴れた日を狙っていくのがお薦めです。

落差46メートル、幅60メートルの滝は迫力があります。

雄川の滝

水の透明度が高い。
光が差し込んでエメラルドグリーンに輝く滝壺を見ると、心が洗われます。2017年に展望デッキが整備され、今は展望デッキから見ることができるようになっているそうです。(・・・滝壺に入ってはいけない?)

2018年10月雄川の滝上流展望所

今回、父母と弟と雄川の滝に行きました。
1.2kmもある遊歩道を父が歩けるとは思えなかったため、”上流展望所”から眺めることに。
 雄川の滝

上流展望所入口付近には駐車スペースが6台分あります。いざ。
 

雄川の滝
1.2kmの遊歩道に比べるといく分マシですが、こちらは階段が続きます。
 

雄川の滝

真っすぐな階段が続くと、滑って落ちてしまわないか不安になります。
 

雄川の滝

真っすぐ続く階段をおりてくると、滝の上流が見えてきます。
 

雄川の滝

広めの展望デッキ。
 

雄川の滝

展望デッキから見た雄川の滝。上流展望所からの眺めは、滝の幅を感じづらいですな。
 

今回は水量豊富な滝の様子を楽しみました。
水の流れる様子を眺めながら、木陰でゆっくりするのもよいと思います。
 

雄川の滝

滝壺の方を見ると、2017年に整備された展望デッキが見えました。台風が過ぎ去った直後で、天気が良くなかったので、エメラルドグリーンには見えませんでした(残念)。
 

雄川の滝

雄川の滝

鹿児島県南大隅町根占川北12222
滝壺の駐車場は45台分、上流展望所の駐車場は6台分。
鹿児島県南大隅町/雄川の滝
滝壺の方からの眺めが最高です。

にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 鹿児島(市)情報へ
にほんブログ村


鹿児島市ランキング
Instagram(フォローはご自由に)
 https://www.instagram.com/goharachihiro
◆合原行政書士事務所のページ
 https://igohara.jimdo.com/