終活行政書士 合原千尋の絵日記@鹿児島市

~清く 正しく おもしろく~

人のからだをつくる「食」を見直してピンピン過ごそう!

人のからだは食べたものから作られている。

NPO法人生き生きサポートシルバーエイジの1月の定例会にて、『食事でピンピンコロリを目指す』という講演を拝聴しました。

生き生きサポートシルバーエイジ

人のからだは食べたものから作られており、おおむね7~8年でからだの細胞が入れ替わるそう。

最近食べる量は気をつけていたものの、その内容は二の次だったなと耳が痛いことこの上なし。
 

日頃の生活に活かしたいポイント

  • 季節の食材や地場の食材を選ぶ。
  • できるだけ加工していないものを選ぶ。
  • デトックス(からだにたまった毒物を排出させること)を心がける。

これらのポイントについての詳しいお話や、喘息などの呼吸器疾患によい”レンコン湯”や、皮膚疾患によい”生姜油”の作り方も教えていただきました。

が、いきなりすべてを無農薬野菜に切り替える、外食をやめて家で食べるだけにする、というのは難しいですよね。

「まずは調味料から変えてみるといいですよ。」と、スモールステップを示して下さったので、私は帰宅後すぐさまお味噌やお醤油などの調味料を点検しました。

お味噌は大丈夫でしたが、お醤油は醬油でなく醤油風調味料でした(-_-;)鹿児島のお醤油は砂糖や添加物が入っているものが多いので、ほぼ醤油風調味料なのでは・・・?

お醤油を変える気はないので、他の調味料はきちんと見極めて使っていきます。

今回の講師の先生

鹿児島市吉野町にある自然食品店『やさい村』店長、角屋敷浩太さん。

食材を選ぶときの考え方、腸内環境を整える食べもの、種子等食べものに関する話だけでなく、体温を上げることの大切さまでわかりやすくお話下さいました。

生き生きサポートシルバーエイジ

(ぺったんこのお腹がうらやましい!!!)

そういえば最後の最後で思い出したことがあります。

この1ヶ月、ポテトチップスと芋けんぴを食べず、野菜とスープを多めに、お菓子を食べ過ぎない(食べないわけではないw)生活を送っていたら、肌トラブルが減りました。

「食」は重要です(・ω・)ノ

自然食品店『やさい村』

鹿児島市吉野町3095-252
電話 099-244-8061 10:00~18:30 日祝定休
自然食品の店 やさい村
オーガニック食品、無添加食品、無農薬野菜、無添加せっけん等を販売していらっしゃるそう。

私は、今度、吉野に行ったときに寄ります!(谷山からは遠い)

にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 鹿児島(市)情報へ
にほんブログ村


鹿児島市ランキング
Facebook(お友達申請、フォローはお気軽に)
 https://www.facebook.com/chihiro22gohara
Instagram(フォローはご自由に)
 https://www.instagram.com/goharachihiro
◆合原行政書士事務所のページ
 https://igohara.jimdo.com/