終活行政書士 合原千尋の絵日記@鹿児島市

~清く 正しく おもしろく~

お手元供養をご存知ですか?

大好きだった故人の存在をずっと近くに感じていたい。そういう方におすすめのお手元供養を紹介します。

お手元供養

こういう素敵な入れ物に粉骨したご遺骨を入れます。そしてご自宅に。職人さんが手作りで作ったこちらの青い入れ物は3万円程度。

お手元供養

透明なガラス製なので、「も、もしかしてご遺骨丸見え!?」と心配していたら、アホでした。

粉骨したご遺骨を真空パックにし、それを綺麗な布で包んで入れ物にいれるそうな。
(-_-;)地震がおきて入れ物が倒れても中身が飛び出さないタイプのものが人気があるんですって!


手元供養は、こういう容器に入れる方法だけでなく、粉骨をペンダントの中に入れたり、ぬいぐるみの中に入れたり、粉骨を混ぜてフィギアを作ったりと多様な方法があります。

お手元供養

手元供養をする際は、ご遺骨を粉骨します。


粉骨すると、もともとのサイズの5分の1から4分の1になるので省スペース!(意外とコレ大切)そして粉骨する方法は、機械でするか、人の手でするかで金額が変わります。


人の手でする場合、乳鉢のようなものに入れゴリゴリするそうです。※粉骨にかかるお金は、一般的な骨壺に入る量で2万円程度。

ご興味のある方はこちらへお問い合わせを。

選択肢が増えると迷いますね。あなたはどうしたいですか?


自分のこれからを考えるヒントになる終活ワークショップpetit shuを毎月第3水曜日に開催しています。

◆合原行政書士事務所のページ
 https://igohara.jimdo.com/

Facebook(お友達申請、フォローはお気軽に)
 https://www.facebook.com/chihiro22gohara