終活行政書士 合原千尋の絵日記@鹿児島市

~清く 正しく おもしろく~

受診付き添いと検査の結果と縁起でもない話と。

受診付き添い

1ヶ月に1回程度、父の受診に付き添います。
11時に予約してあり、結果が出るまで1時間ほどかかる血液検査が予定されていたので、私は12時前に病院に行きました。

待ち時間が長いときは2~3時間待つことがありますが、今回は少なめでラッキー。

父の診察

ほどなくして診察室に呼ばれました。

7月5日の腫瘍マーカーの結果

癌細胞の特異的な蛋白を調べることができる腫瘍マーカーの今回の結果は下記の通り。
CEAは、3.5(基準値は5.0ng/mL以下)。
CA19-9は、6.3(基準値は37.0ng/ml以下)。

「基準値の範囲内ですが、腫瘍がないというわけではありませんからね」と主治医が念を押しました。ま、基準値を超えていないのでひとまず安心。

8月30日の血液検査の結果

炎症はあまり見られないものの、肝臓の数値が上がっているとのこと。
ALPは、500(354以下が正常)。
γGTPは、85(86以下が正常)。
GOTは、58(8~38が正常)。

次回の受診時に、血液検査とエコーをすることになりました。

1年前はリハビリを頑張っていた父。当時県外に住んでいた弟は月に1~2回は鹿児島に帰ってきていました。私は毎日病院に通っていたなぁ。

弟がこの春鹿児島に転勤になったので、現在は私も弟もそれぞれ週に1~3回実家を訪れるだけにしているため、時間的体力的には楽になりました。

精神的には・・・うーん。(;´・ω・)

「この後予定入ってる?時間があったらご飯食べに行かない?」と聞かれ、「うん、行こうか。」と言ったときの父母の笑顔に少し気持ちが軽くなります。

縁起でもない話は常日頃から 

医療や介護・死に関する話題は避けがちですが、避けられないときはやってきます。避けられなくなってからジタバタするのではなく、普段から大切な話として語り合うことが重要です。

そう思った経験がある方も多いのではないでしょうか。

来月9月11日(火)19時~21時まで、妙行寺門徒会館(鹿児島市和田1-4-1)にて”第2回縁起でもない話をしよう会”が開催されます。次回のテーマは「最期をどこで生きるか」。

在宅医である浜田先生のお話を拝聴した後、参加者同士で語り合います。参加費無料かつ予約は必要ありませんので、ご興味があり、ご都合のつく方は参加してみませんか?

詳細は、↑の記事をご覧ください。

そして、遺言を作成したいなと思ったら、合原行政書士事務所へ(たまには宣伝w)。

にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 鹿児島(市)情報へ
にほんブログ村


鹿児島市ランキング
Instagram(フォローはご自由に)
 https://www.instagram.com/goharachihiro
◆合原行政書士事務所のページ
 https://igohara.jimdo.com/