終活行政書士 合原千尋の絵日記@鹿児島市

~清く 正しく おもしろく~

宇宙葬にも種類があります。

宇宙葬

以前テレビで見たバルーン宇宙葬とはまったく異なる宇宙葬を知りました。

 

宇宙葬

パターン1:月面供養

ご遺骨を月に運んで、月においてくるタイプの宇宙葬
来年2017年の7月にご遺灰の一部をカプセルに入れてそれを積み込んだロケットが打ち上げられるそうです。価格は120万円~。

お墓ではなく、月に手を合わせる。なんともロマンティックな埋葬方法。

 

パターン2:流れ星供養

キラキラ輝くお空の星になれます。いえ、流れ星でした(-_-;)

ご遺灰の一部をカプセルに入れ、それを積み込んだ人工衛星を打ち上げます。その人工衛星は地球の周りを何回か回った後大気圏に突入し、流れ星になります。価格は50万円~。


埋葬といえばお墓。
のイメージはだんだんと変化しています。昔は1人に1基だったものが、1家族に1基となり、いまやお墓を建てない人も増えてきています。

あなたはどんな埋葬方法を希望しますか?


宇宙葬にご興味のある方はこちらへお問い合わせを。

うちの宇宙人(夫)にも新しい埋葬方法を教えなくっちゃ。

 

◆合原行政書士事務所のページ
 https://igohara.jimdo.com/

Facebook(お友達申請、フォローはお気軽に)
 https://www.facebook.com/chihiro22gohara