終活行政書士 合原千尋の絵日記@鹿児島市

~清く まっすぐ おもしろく~

エンディングノートを書こう!

エンディングノートを書こう!

NPO法人生き生きサポートシルバーエイジの9月の定例会にて、「エンディングノートを書こう!」と題して話しました。

エンディングノートは、将来自分自身に万が一のことがあったときに備えて、自分の希望や伝えたいこと、大切な人へのメッセージ等を記しておくノートです。ただ自分のために書くだけでなく、家族や大切な人とのコミュニケーションツールとしても活用できます。※遺言と異なり、法的効力はありません。

参加された方々に「エンディングノートを持っていて、書ききっている方は?」と挙手をお願いしたら1割程度。これでも多い方だと思います。

終活のおともでもあるエンディングノート
”終活”は、人生の最期を意識しつつ、これからの人生を自分らしく生きるための準備をし、亡くなった後にも備えること。単に亡くなるための準備をするのではなく、今をよりよく自分らしく生きる活動です。普段からしっかりと備えておけば安心ですよねー。

2016年の平均寿命は、男性は80.98歳、女性は87.14歳。
介護を受けたり、寝たきりになったりせず日常生活を送れる期間である”健康寿命”は、男性は72.14歳、女性は74.79歳。

単純に引き算をしても、男性は8.84年、女性は12.35年は誰かのお世話になる期間があります。

このような終活が求められる背景の話を真面目に話した後に、実際に少しだけエンディングノートを書いていただきました。

NPO法人生き生きサポートシルバーエイジ エンディングノート

皆様が真面目に取り組んでくださるので、試験監督でもしているような気分になりました(;´∀`) 

NPO法人生き生きサポートシルバーエイジのエンディングノートがあるのですが(販売価格1,000円)、それの「わたしのこと」の部分と「わが人生」の部分を書いていただきました。

でも、「わが人生(思い出、出会い、人生観など)」なんて、いきなり聞かれても書くのは難しいですよね。

だから、始まる前に入口でPoints of You®のカードを並べて、好きなカードを1枚とっていただいて、そのカードから連想される思い出を書いていただきました。(実はPoints of You®トレーナーの資格を持ってます。カード自体を久々に使いましたけどね…)

その後は、席が前後の方と3~4人組になっていただき、思い出話を語り合う時間に。グループ内全員が語り終ったら、今度はその話をふまえて質問する時間を取りました。

NPO法人生き生きサポートシルバーエイジ エンディングノート

他の方の話をじっくり聴いて、質問したり、話が広がったり。チャレンジングなことをしましたが、皆様終始和やかでよかった!(ほっ)

こうやって語り合うことで、自分や相手のことを知ることができ、気づきを明確にできます。エンディングノートもただ一人で書いて終わりではなく、自分の大切な人と想いについて語り合ってほしいなと思っています。

エンディングノート、そろそろ手をつけてみませんか?

10月定例会のお知らせ

NPO法人生き生きサポートシルバーエイジの定例会は、会員でない方でもどなたでも予約不要でご参加いただけます。次回は、司法書士の芝田淳さんによる「成年後見」のお話です。

日時:2019年10月20日(日)13時30分~15時40分
会場:鹿児島県教職員互助組合会館(鹿児島市照国町11-35)
   ※駐車場はございませんので、近隣のコインパーキングをご利用ください。
参加費:500円

Instagram(フォローはご自由に)
 https://www.instagram.com/goharachihiro
◆合原行政書士事務所のページ
 https://igohara.jimdo.com/

見て学び、そして練習。【社交ダンス86回目】

社交ダンスまつりを見に

2019年9月16日(月)敬老の日に、Ikeda dance companyさんの”社交ダンスまつり”にうかがいました。(私が習っている先生とは別のお教室)

社交ダンスまつり

いつも一緒に社交ダンスを習っているご近所の80代の方と一緒に。

私たちの先生も習っていらっしゃるY先生もどこかで踊られるそうで、「ラテンのステップは抜群だからぜひ見てほしい!」と言われていたので楽しみにしていました。

Y先生のお名前をすっかり忘れていたのですが、ラテンのステップが綺麗な方がいらして、すぐわかりました。自分が踊れるかどうかは別として(苦笑)、見てわかるようになってきたみたい。

【タイムテーブル】
13時~開場、ダンスタイム
13時30分~Ⅰ部アマチュア演技発表・ダンスタイム
14時40分~Ⅱ部アマチュア演技発表・ダンスタイム&DISCOタイム
16時~プロデモンストレーション・フィナーレ
と、盛りだくさんなプログラム。

自分たちが習ったことのあるステップや腕の振りと同じ部分があると「これやってますよね!」とうれしくなったり、「先生方は姿勢や腕の動きも別次元ですね」「あの先生素敵!」と話したり、ひとりで見るよりも二人で見た方が楽しかったです。

社交ダンスまつり

JJ CALL'N on Stageで、DUANEさんとMidoriさんの歌と音楽に合わせて踊る皆様。若い方よりご高齢な方、男性より女性が多いです。楽しそうに踊られていらっしゃったのが印象的。

私は次の予定がありスーツで行っていたので、踊りませんでした(言い訳)。こういうダンスタイムに踊ってみよう、踊りたい!と思えるレベルになるのはいつの日になることやら(;´Д`)

学んだこと(今後のために)

私たちも12月に発表会があるので、楽しみながらも学ばせていただきました。

・綺麗に見せるためにも上半身の姿勢は大事!
体重移動ができている足の動きとできていない足の動きは違う。基本を大切にしよう。
・大人数で踊るときは”合わせる”と綺麗。
・指先まで意識した腕の動きは見ていてほれぼれする。
・ドレスはウエスト周りのお肉をしっかり拾う。絞らねば。
・大きいサイズのドレスもある。←目の付け所がおかしい(笑)。

姿勢や体重移動に関しては急に上達するのは難しいと思いますが、意識してレッスンに臨みます。

そして、”握れる”のではなく”つまめる”お腹にしよう。(朝晩体重を計って折れ線グラフをつけるのは9月1日から継続中)

9月19日のレッスン

①準備運動
→からだの柔軟性を高めたいですな。
②ジルバを1曲踊る
→回転するときうまくリズムがとれず。一進一退。
③ウォーク練習
→上半身に気をつけてできました。
④ルンバのステップ練習
→基本を大切に。
⑤ルンバを通しで2回踊る
→こちらは回転するところも音楽に合わせてできました。来週の敬老会に向けて(私は所用で参加できず)、他の方は最後の決めポーズ(!?)の練習も!
⑥サンバのステップ練習
→腕の振りも付けられるようにしたい。

発表会まで練習の機会はあと10回ほど。昨年よりも綺麗に楽しく踊れるように頑張ります!

Instagram(フォローはご自由に)
 https://www.instagram.com/goharachihiro
◆合原行政書士事務所のページ
 https://igohara.jimdo.com/

相手の支えをキャッチする【ELC薩摩学習会】

相手の支えをキャッチする

9月21日(土)の午後、エンドオブライフ・ケア薩摩主催の学習会に参加。

ELC薩摩学習会

”苦しむ人への援助と5つの課題”に関する学習会で、今回は「相手の支えをキャッチする」の部分でした。

ELC薩摩学習会

講師は、きいれ浜田クリニック院長の濵田努先生。

人は単に苦しむのではなく、苦しむ前には気づかなかった「支え」に気付くことができるようになります。

「支え」には①将来の夢(時間存在)、②支えとなる関係(関係存在)、③選ぶことができる自由(自律存在)の3つがあり、その1つ1つについてワークを取り入れながらわかりやすくお話しくださいました。

苦しみや支えを「キャッチする」。私はこのことばの使い方が好きです。

自分と相手は異なるので、相手の苦しみを100%理解することはできません。大変なときに、むやみやたらに「あ~わかる~!」と相槌を打たれたり、「〇〇でしょ!」と決めつけられたりして腹立たしく思った経験があるからです。

話すことで自分の中で整理して受け入れられることがありますが、やはりそこには安心して話せる聞き手の存在が必要です。自分自身がそんな聞き手になるためには学び、実践し続けることが大切だなと思いました。

ELC薩摩学習会

「選ぶことができないとき、しばしば死にたいと希望する人がいます。」

これに関しては、人生の最終段階を迎えた方だけに限ったことではないと思います。「自分は〇〇したいのに、人から△△するよう言われた。(半ば強制)」みたいな状況は生きていると時々あります。

ヴィクトール・フランクル著『夜と霧』より「与えられた事態に対してどのような態度を取るかは、誰にも奪えない人間の究極の自由である」ということばを引用してご紹介くださいました。(書けないけど)今、非常に身にしみますなぁ(ノД`)


少子高齢化多死時代、人生の最終段階を迎えた人が激増します。3月に私は実家にて父を看取りましたが、父と同じように最期まで自宅や高齢者施設などで暮らしたいと願う人は増えています。

と同時に、課題もたくさんあります。
つながりが希薄になっていく中でのひとり暮らしの高齢者の孤立、医療や介護に従事されていらっしゃる人の負担が大きくなること、援助する人が抱える不安(仕事や育児との両立、経済的な問題)・・・。

これらの課題を見て見ぬふりをするのではなく、当事者意識をもって向き合っていくことが重要ですね。

ELC薩摩学習会

こちらは、第1の課題「援助的コミュニケーション」、第2の課題「相手の苦しみをキャッチする」部分を担当された小齊平智久先生。開始前に楽しく語らって(いじって)いただきました♪(´艸`*)

前回、前々回は参加できなかったのですが、帰りに資料をいただけてありがたかったです。次回の学習会も参加できたらいいな!

濵田先生のお話を聞くチャンス!

昨日は11月に開催する講演会についての打合せのために、NPO法人生き生きサポートシルバーエイジの上江川理事長と共に、きいれ浜田クリニックに行ってまいりました。(濵田先生、お忙しい中時間をとっていただきありがとうございました。)

打合せだけでワクワク!
在宅で看取られた方の実例や人生会議の肝、それらを踏まえて今私たちが知っておいた方がいいこと等をご講演いただきます。ご来場いただいた方に学びと気づきを受け取っていただける素敵な講演になりそうです。

NPO法人生き生きサポートシルバーエイジ

日時:2019年11月17日(日)14時~16時
会場:かごしま県民交流センター大研修室第3(鹿児島市山下町14-50)
定員:100名(当日先着順)
参加費:500円
事前予約は必要ありません。ご来場お待ちしております(´▽`*)

Instagram(フォローはご自由に)
 https://www.instagram.com/goharachihiro
◆合原行政書士事務所のページ
 https://igohara.jimdo.com/