終活行政書士 合原千尋の絵日記@鹿児島市

~清く まっすぐ おもしろく~

参考資料・リンク

参考資料・リンク

鹿児島市子育て支援の施設】
子育て支援の施設|鹿児島市

鹿児島市の学校給食費
学校給食費はいくらですか?|鹿児島市
平成29年度の鹿児島市の平均
小学校
→自校方式:月額4,256円 センター方式:4,013円
中学校
→自校方式:4,897円 センター方式:4,679円

【こども医療費助成制度】
こども医療費助成制度|鹿児島市
現在は窓口でいったん支払い、あとから振り込まれます。(中学3年生まで)

鹿児島市の推計人口】
鹿児島市のホームページに掲載されている鹿児島市の推計人口を見ると、平成25年をピークに減少傾向にあります。
平成25(2013)年607,869人
平成26(2014)年607,634人
平成27(2015)年606,624人
平成28(2016)年599,966人
平成29(2017)年599,290人
平成30(2018)年598,090人
平成31(2019)年597,215人
令和2(2020)年  595,049人
また、高齢化は上昇傾向です。


◆合原ちひろLINE公式アカウント
 https://lin.ee/dB9weM4
Instagram(風景メインver.)
 https://www.instagram.com/goharachihiro
Instagram(食べ物ver.)
 https://www.instagram.com/chihiro_mog
◆合原行政書士事務所のページ
 https://igohara.jimdo.com/

合原ちひろ プロフィール

合原ちひろ プロフィール

合原 千尋(ごうはら ちひろ)

1980(昭和55)年2月2日(土) 会社員の父と専業主婦の母の間に生まれました。水瓶座、A型。

1986年 谷山幼稚園卒園。
→ちゅーりっぷ組(年中)、すみれ組(年長)。年長組になって「やっと〇〇ちゃん以外の子と話せるようになりましたね」と書かれるほど人見知りでした。

1992年 鹿児島市立和田小学校卒業。

合原ちひろ プロフィール

→父母と同じく和田小学校に通いました。
ファミコンスーパーファミコンとゲームにはまりました。(特に、スーパーマリオドラゴンクエスト)漫画も好きで、”りぼん”と”週刊少年ジャンプ”を愛読。

1995年 鹿児島市立和田中学校卒業。
→体力をつけるべく、やったこともないのにバドミントン部に入部。最初は、体育館前からプールのところまで走るだけで息が切れていましたが、3年間頑張りました。また、中3の春まで書道を習っていました。

1998年 鹿児島県立鶴丸高等学校卒業(49期)。
→バドミントン部と美術部(2年生から)。
特に目立つタイプでもなく、気の合う友人たちとマイペースな学校生活を送っていました。笑い過ぎによる筋肉痛を経験。

2002年 九州大学法学部卒業
奨学金と仕送り(月4万)とアルバイト代で生活していました。アルバイトは、家庭教師や塾講師をメインにしつつ、「いろいろな仕事を経験しよう」とコールセンター、引っ越し、食品工場、居酒屋、コンビニエンスストア等も。

大学卒業後、地元学習塾に入社。
合原ちひろ プロフィール→主に算数・数学を担当。
2003年、センター試験を受験する弟を車で送った帰りに、父がクモ膜下脳内出血で倒れました。母はパートを辞めて介護に専念、弟は学生。「どうやって生活していくの?」と心配しましたが、周りの方々の支えもあり、なんとかなりました。20代半ばには、谷山にあった教室の責任者をさせていただきました。

2008年、結婚を機に退職。合原ちひろ プロフィール
→会社の同期だった夫と結婚。昼は家で法律の資格の勉強、夜は学習塾で働きました。その後、弟が大学院を卒業・就職し、鹿児島県外へ転勤。お散歩(一般的には徘徊と言う)に出かけていなくなる父を探しにいくことも多々ありました。

2013年 合原行政書士事務所開業。
→遺言を主に扱っています。終活アドバイザー、整理収納アドバイザーとしてご講演させていただくこともあります。

2019年3月 父を実家で看取る。
2017年に十二指腸乳頭部癌が発覚した父。手術をしましたがその後転移し、入退院を繰り返しました。最期の2週間ほどは実家で見守り、母と手を握ったまま父は旅立ちました。

2019年7月 参院選野党統一候補として出馬(鹿児島選挙区)、落選。
多くの方のご期待を裏切ってしまいました。申し訳ございません。その後、党籍を離れ、身近な地域の課題から一つ一つ解決していきたいと頑張っているところです。


さまざまな方の支えがあって生きてきました。

これから先、10年後、20年後、そしてその先も、子どもからお年寄りまで誰もが安心して暮らせる持続可能な共生社会をつくるために、全力で取り組むことで、恩返ししてまいります。

 【資格】
行政書士、終活アドバイザー、整理収納アドバイザー。
【趣味】
食べること、絵画鑑賞。
【習い事】
社交ダンス。週に1回、ご近所の方々と西清見公民館で習っています。

◆合原ちひろLINE公式アカウント
 https://lin.ee/dB9weM4
Instagram(風景メインver.)
 https://www.instagram.com/goharachihiro
Instagram(食べ物ver.)
 https://www.instagram.com/chihiro_mog
◆合原行政書士事務所のページ
 https://igohara.jimdo.com/

オンラインで縁起でもない話~初めて〇〇と呼ばれた日~

”オンラインで縁起でもない話”が開催されました。

たがしゅうオンラインクリニック医師の田頭秀悟さんによる話題提供。話の内容は、2週間前に開催されたDEMOPLAY版とおおむね同じですので、↑のブログをご覧ください。

オンラインで縁起でもない話

今回の最後の問いはDEMOPLAY版と異なり、「あなたが医者(医療)に求めるものは何ですか?そして、オンライン診療はその助けになることができるでしょうか。」でした。少人数に分かれて語り合いました。 

医者(医療)に求めるものは、”安心”、”今の症状を和らげること”など意見が出てきました。また、オンライン診療では、セカンドオピニオンを聞いたり、症状を和らげるための助言をもらったりできるので助けとなるのでは?等々語り合うことができました。


最後は、時間の許す方だけ、たがしゅう先生への質問タイム。
「(気になっていたけれど)それ聞いちゃう!?」と思ってしまった質問が飛び出していました。※たがしゅう先生がそのうちブログにまとめられると思います。

私は特に質問はなかったので、質問とそれに対する回答を聞いて楽しんでいたら、「合原さん、何か質問ないですか?」と司会さんに突然振られました。

司会さん(副住職ともいう)に初めて「合原さん」と呼ばれました。私の名前、知ってたのね!!!←今日のブログの主題(笑)。


次回、”オンラインではない”縁起でもない話をしよう会は、5月13日(水)19時からの予定。開催できるのでしょうか?まだわかりませんが、案内を載せます。

縁起でもない話をしよう会、次回のお知らせ

◆10回目◆
日時:2020年5月13日(水)19時~21時
話題提供者:井崎亮子氏(看護師・SCDスマイルクラブ(鹿児島県脊髄小脳変性症・多系統萎縮症友の会)副世話人代表))

会場は妙行寺門徒会館(鹿児島市和田1-4-1)です。境内に駐車OK。予約も参加費も必要ありません。

◆合原ちひろLINE公式アカウント
 https://lin.ee/dB9weM4
Instagram(風景メインver.)
 https://www.instagram.com/goharachihiro
Instagram(食べ物ver.)
 https://www.instagram.com/chihiro_mog
◆合原行政書士事務所のページ
 https://igohara.jimdo.com/