終活行政書士 合原千尋の絵日記@鹿児島市

~清く 正しく おもしろく~

楽あれば苦あり、苦あれば楽あり、食あればみたされり。

ご飯につられて

「今日は楽、楽クラブです。お昼に時間があったら、みんなで食事しませんか。」と町内の方からメールをいただいたので、「一仕事終えたらうかがいます!」と気軽に公民館に行きました。(ついでに町内会費の回収ができるという特典つきw)

「楽、楽クラブ」は月に2回、皆で自分で作った料理を持ち寄ってわいわいおしゃべりをしながら食べたり、碁をしたり楽しく過ごすクラブ。

配偶者を亡くして普段は一人でお昼ご飯を食べる方々のためにも、この時間は素敵です。

「手ぶらでおいで」と言われたので、私はそれを真に受けて、手ぶらで徒歩20秒の公民館に行ったらこんなにたっぷりのお昼ご飯!!!

町内会
(なぜ食べるのが好きだとばれている!?体型のせいか?)

一世紀の重み

私がこの地域に引っ越してきたときに、最初に道端で話しかけて下さった方がお隣に座っていらっしゃいました。

この方、回覧板を持って行った際にも「時間があるときは公民館に遊びに来てねー。」と声をかけて下さったのですが、年齢をうかがってびっくり。

100歳!!!
一世紀生きていらっしゃる!!!

ひとり暮らしをしていらっしゃって、グランドゴルフに精を出し、足腰は丈夫。こんな100歳になれたら幸せですよ。素敵なロールモデルです。

前の班長さんのパワフルさ

この「楽、楽クラブ」は華道や日本舞踊の師範でもある前の班長さんが地域の方に呼びかけて始めたそう。

はじめは、自分で何十人分もお昼ご飯を作って準備をして、グランドゴルフを終えた後の皆様に「せっかくだから公民館でご飯を一緒に食べませんか?」と声をかけたそうです。

雨で足元の悪い日は自分の車で、参加する皆様を公民館まで送迎していらっしゃいます。恩着せがましくなく、サラリとされるあたりに器の広さを感じます。

人のことは人で癒される

憂鬱な気分になっていた朝でしたが、昼過ぎには地域の方々の優しさに触れ、モリモリと食べ、少し元気になりました。

自分の力だけでは何ともならない嫌なことに遭遇したりもするけれど、人のあたたかさで癒されます。やはり私は直接会うことが好き!

ゆるやかな時の流れを感じたいときは、手みやげを持って「楽、楽クラブ」に小一時間顔を出そうかな?と思っています。

あたたかい眼差しに救われた一日。
自分はあたたかい眼差しを他人に向けることができているか?と自分に問う日でもありました。

居心地のいい場所をつくるのは他人ではなく自分!
さぁ、どうする?

にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ
にほんブログ村

◆合原行政書士事務所のページ
 https://igohara.jimdo.com/

Facebook(お友達申請、フォローはお気軽に)
 https://www.facebook.com/chihiro22gohara