終活行政書士 合原千尋の絵日記@鹿児島市

~清く 正しく おもしろく~

観たらもっと薦めたくなった映画『僕がジョンと呼ばれるまで』

『僕がジョンと呼ばれるまで』試写会開催

2017年11月11日(土)によかセンターにて、映画『僕がジョンと呼ばれるまで』の試写会を開催しました。鹿児島市内の高齢者施設の職員の方を中心にご招待させていただきました。

『僕がジョンと呼ばれるまで』はアメリカのオハイオ州にある高齢介護施設で、認知症改善プログラム「学習療法」に取り組んだドキュメンタリー映画です。

NPO法人 生き生きサポートシルバーエイジ主催で12月17日(日)に『僕がジョンと呼ばれるまで』上映会を開催することとなり、実行委員長としてメンバー(といっても人生の大先輩方)とともに準備をしてまいりましたが、私も初めて観ました(^-^;

 

試写会 生き生きサポートシルバーエイジ

映画『僕がジョンと呼ばれるまで』感想

介護をしていれば笑顔で受け止められることばかりではありません。

泣きたくなりますし、怒りたくなりますし、叫びたくなるときもあります。認知症の場合、根本的な治療はないと言われており、本人も家族も戸惑うことが多いと思います。

この映画『僕がジョンとよばれるまで』は、単に「学習療法」に取り組んだら認知症が改善されました!という類のドキュメンタリー映画ではなく、淡々と時が映し出されます。

私は「自分らしく生きるとはどういうことか?」「家族として自分は何ができるのか?」を考えながら観ていました。明日は父が抗がん剤治療ができるかどうかを主治医と話をしますし、母は再来週入院して手術をうけます。うちの父母は認知症ではありませんが、それなりにいろいろあります。

病気は人の事情なんて気にしてくれません。
明日は我が身。

他人事と思わず、自分の身に置き換えてこの映画を観ると、自分の人生そして周りの人達の人生について優しいまなざしを向けられるようになると思います。

また、ゆっくりとわかりやすい英語ですので、字幕を読まなくても理解できます。中学生、高校生の皆様には内容もさることながら英語のリスニング力を鍛えるためにもぜひ観ていただきたいです。

12月17日(日)『僕がジョンと呼ばれるまで』上映会

上映の後に、鹿児島で最初に認知症改善プログラム「学習療法」を導入した睦園の西水流さんのお話、そして西水流さんが来場者の皆様の質問に答えて下さる時間があります。←私はこれを楽しみにしています♪

日時:2017年12月17日(日)
   ①11:00~(開場10:30)、②14:00~(開場13:30)
場所:サンエールかごしま 2階講堂
   (鹿児島市荒田1-4-1 電話099-813-0850)
定員:各回400名
料金:一 般【前売券】1,000円 【当日券】1,300円
   中高生【当日券】500円
申込:電話申込→090-9077-9648(担当 合原←私)
   ネット申込→こちら
主催:NPO法人 生き生きサポートシルバーエイジ
後援:鹿児島市 鹿児島市教育委員会 南日本新聞社 MBC KKB KTS KYT

シネマリンクの永田良明氏が映画配給・上映実務をして下さいます。

試写会 生き生きサポートシルバーエイジ
(↑実行委員会の主力メンバー)

映画『僕がジョンと呼ばれるまで』をお友達やご家族と一緒に観て、年末年始にお互いの人生について語り合う糸口にしてみてはいかがでしょうか?

 

にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 鹿児島(市)情報へ
にほんブログ村


鹿児島市ランキング
Facebook(お友達申請、フォローはお気軽に)
 https://www.facebook.com/chihiro22gohara
Instagram(フォローはご自由に)
 https://www.instagram.com/goharachihiro
◆合原行政書士事務所のページ
 https://igohara.jimdo.com/