終活行政書士 合原千尋の絵日記@鹿児島市

~清く 正しく おもしろく~

【明日まで】至上の印象派展~ビュールレ・コレクション~@九州国立博物館

至上の印象派

ドイツ生まれのエミール・ゲオルク・ビュールレ氏(1890-1956)が、実業家として大成功をおさめ、亡くなるまでの20年間に収集したプライベートコレクションの中から64点展示されています。

2018年5月19日(土)から開催されていた『至上の印象派展~ビュールレ・コレクション~』は、いよいよ明日7月16日(月)まで。64点の作品のうち2点は写真撮影OKでした。
 

至上の印象派展

『イレーヌ・カーン・ダンヴェール嬢(可愛いイレーヌ)』byルノワール

裕福な家庭の8歳のお嬢さんを描いた作品。
透き通るような肌、緻密に描かれた顔と対照的に流れるようなタッチで描かれている髪の毛や洋服。目を奪われます。

ルノワールの作品はこの他に、『アルフレッド・シスレーの肖像』、『夏の帽子』、『泉』がありました。
 

至上の印象派展

『睡蓮の池、緑の繁栄』byモネ

縦2m、横4mと巨大な作品。

モネの作品はこの他に、『陽を浴びるウォータールー橋、ロンドン』、『ヴェトゥイユ近郊のヒナゲシ畑』、『ジヴェルニーのモネの庭』が展示されています。私は『陽を浴びるウォータールー橋、ロンドン』にしばらく見入ってしまいました。モネ好きだなぁ。

他に、ドラクロワやマネ、ドガセザンヌの作品があり、汗だくになりながら太宰府まで行った甲斐がありました。

有名どころではゴッホピカソの絵も多数(個人的にはそれほど好きではない)。今日と明日、特に予定のない方はぜひぜひ太宰府まで足をのばしてみて下さい!

京都仁和寺観音堂

ラッキーなことに、平成30年度特集展示として『京都仁和寺観音堂~千手観音像とその仲間たち~』も開催されていました。 

2018年7月3日(火)から9月2日(日)まで開催中で、観覧料は大人430円です。(『至上の印象派展~ビュールレ・コレクション~』の半券でも観覧できます。)

仁和寺観音堂

写真撮影OK。
こちらの展示についてはまた別記事で書きます。

九州国立博物館

九州国立博物館

福岡県太宰府市石阪4-7-2
九州国立博物館:トップページ
絵と向き合う時間は贅沢かつ癒されます。

にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 鹿児島(市)情報へ
にほんブログ村


鹿児島市ランキング
Instagram(フォローはご自由に)
 https://www.instagram.com/goharachihiro
◆合原行政書士事務所のページ
 https://igohara.jimdo.com/