終活行政書士 合原千尋の絵日記@鹿児島市

~清く 正しく おもしろく~

童心に返って寛げる、すべり台のある家族風呂@霧島市隼人町

鹿児島県内には、温泉の源泉が2700か所以上あり全国第2位です。(1位は大分県)

県内各地にさまざまな温泉がありますが、人と大浴場に入るのが嫌いなので家族湯にしか行きません。今回は霧島市へ行ったついでに、隼人町にある家族湯へ行きました。

日本湯小屋物語

こちらの家族湯には、家族風情風呂”お伽草子”(A棟・B棟)と家族滑稽風呂”枕草子”(C棟) があります。

枕草子”は四季がテーマのお風呂で、”桜の湯”、”蛍の湯”、”月の湯”、”炭の湯”の4種類の腰湯付きの内風呂。

お伽草子”はお伽囃がテーマのお風呂で、露天風呂と内風呂がある”花咲かじいさんの湯”、”かぐや姫の湯”、”一寸法師の湯”、”ぶんぶく茶釜の湯”、”羽衣天女の湯”、すべり台と寝湯付きの内風呂がある”浦島太郎の湯”、”金太郎の湯”があります。

日本湯小屋物語

で、ちょうど空いていた”浦島太郎の湯”へ。
平日は80分、土日祝・繁忙期は60分入れます。

料金は、A棟(お伽草子のうち”羽衣天女の湯”、”浦島太郎の湯”、”金太郎の湯”)は2,600円、B棟(その他お伽草子)は2,000円、C棟(枕草子)は1,700円。
 

日本湯小屋物語

A棟の”浦島太郎の湯”入口。
 

日本湯小屋物語

落ち着く休憩室。
 

日本湯小屋物語

洗面台と脱衣所。
 

日本湯小屋物語

真ん中にあるピーリングジェルを夫も試しました。”お肌がツルツルになった♪”と、喜んでいました。
 

日本湯小屋物語

お風呂はこちら。正面に見えるのは寝湯。
大人二人寝てもゆったりできます。テレビを見ながら入浴できるので、長く入っていられます。
 

日本湯小屋物語

寝湯の隣が普通のお風呂で、その横には”すべり台”!
入口近くに、すべり台用のボタンがあり、すべり台に温泉水(お湯)か天然水(水)を流して滑りをよくします。子どもがいたら喜ぶだろうなー。
 

日本湯小屋物語

入り口近くには水鉄砲も。
「いい大人が使うわけないやんねー」とのんびり湯船浸かっていたら、夫に狙撃されました。しかも一番大きい水鉄砲で。(-_-メ)おい。
 

日本湯小屋物語

シャンプー、コンディショナー、ボディソープ が備え付けてありますが、夏季限定?”冷シャンプー”があったので使ってみました。

スーッとした清涼感はあるものの、刺激が強すぎるような。こういうときにちょっと使ってみるくらいはよいですが、普段使いはしたくありません。


たまった疲れとストレスを食べて解消するのではなく、温泉に入って解消するといいですね。

この後、かき氷を食べましたが何か?

日本湯小屋物語

日本湯小屋物語

鹿児島県霧島市隼人町姫城2486-1
10:00~24:00 第4月曜定休
霧島市家族湯 湯癒の杜~日本湯小屋物語~
次回は、夜の時間帯に露天風呂のあるお部屋に行きたいです。

にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 鹿児島(市)情報へ
にほんブログ村


鹿児島市ランキング
Instagram(フォローはご自由に)
 https://www.instagram.com/goharachihiro
◆合原行政書士事務所のページ
 https://igohara.jimdo.com/